仙台市の痛みや不調を根本から改善する整体院

スポーツ障害をアプローチする

  • HOME »
  • スポーツ障害をアプローチする

スポーツ障害

スポーツ障害における痛みの原因

スポーツ障害は、外圧によって関節周辺が障害されたもの、骨折やひび、靱帯を損傷する、断裂する等の状態にまでなれば病院等へ行かれることをお勧めしますが、X線等の検査で異常が無ければ、仙台では一真堂整体院へ行くことが最善の回復への道となります。なぜなら、細部の関節機能障害を調整する技術があるからです。スポーツ障害もそうですが、成長痛なども同じことが言えます。成長期の子供に発症し、多くの方が膝に強い痛みが出る病気です。沢山スポーツをするお子さんにとっては、選手としての成長を妨げる大きな悩みになります。別名成長痛ともいわれるオスグッド病は、一般的な認識として「成長期が終わるまでは我慢するしかない」「成長期が終われば自然になおる」とされています。しかし時間の経過を待つだけではなく改善することができます。

成長期とも骨とも関係ない

スポーツ障害は、X線等では判断出来ないことが多く、筋肉の緊張が原因で起こります。骨以外のアプローチは整体院で行う事が一番です。施術に関しても、どの部位が原因で主に障害され、症状が持続、悪化しているのかを見極める技術に長けている為、本人の自覚症状がなかった部位から行う事もあり、簡単に改善する場合も多く見受けられます。成長痛や、スポーツ障害の特徴としては膝に痛みが多く、膝のお皿の下の痛みがあります。この痛みは自分の体を支える太ももの強い緊張により、脛骨粗面(お皿の下)が引っ張られ、成長期の骨に見られる骨端線(骨の成長する部分)が隆起し、スポーツ障害特特有の痛みが出るものです。実際のとところは骨自体は痛みを感じませんから、骨端線の隆起が痛みを感じているのではなく、脛骨粗面を引っ張っている膝蓋腱(大腿四頭筋の停止部)の損傷が痛みの原因です。

原因不明の痛み

スポーツ障害の検査の大前提は骨折やヒビ、靱帯の損傷があるかないかが一番になります。しかし、スポーツ障害でそのような状態は、痛み方が強く持続的で分かりやすいものです。そうでなければ、仙台であれば一真堂整体院を受診されることで、改善されるケースが多くあります。改善される理由としては筋肉の緊張が解消することによって、痛みが改善する事が多いからなのです。オスグッドの別名である成長痛は下肢と股関節の緊張を取り除き、膝蓋腱にアプローチすることで、劇的な改善をします。スポーツ障害として扱われることもありますが、子供の身体は治癒力が高いので、1,2回の施術で回復するケースも多く、ほとんどの場合、5回前後の施術での運動復帰を実現しています。どこの病院へ行ってもなかなか良くならないと、あきらめないでください。オスグッドは短期間で解消できます。

お知らせ

アクセス


一真堂整体院ミニマップ


詳細地図はこちら

仙台市の整体院は口コミで評判の一真堂整体院
〒981-3222
宮城県仙台市泉区住吉台東
3-9-10
TEL:022-376-5804
■施術時間
午前 9:30~12:00
午後 14:00~21:00
定休日:月・木曜日
PAGETOP
Copyright © 仙台市の痛みや不調を根本から改善する整体院 All Rights Reserved.