いろんな悩みに対応できます

人間の体は、緊張すると機能が低下します。
例えばむくみは筋肉が緊張して血液やリンパ液の循環が悪くなることが関係しています。また、ストレスによって腸の機能が低下すると新陳代謝が低下して体液の循環が悪くなります。
ふくらはぎを揉むことで幾らか改善することはありますが、これだけでは毎回同じことの繰り返しです。足がむくみやすい人なら、少し水分を摂り過ぎればむくんでしまいます。
仙台市の一真堂整体院では、こういう不調の原因は腸の疲労が関係していると考えています。腸は第二の脳と言われており、ストレスや負の感情を溜め込む器官です。もし長くストレスや負の感情に苛まれていたとしたら、常に腸に負担を強いてしまうことになります。腸が疲れると内臓全体の働きが低下して、新陳代謝が悪くなってむくみが生じます。
むくみ以外にも、高血圧や冷え性、更年期障害、うつ症状なども腸機能の低下が関わっています。当院では、原因不明と言われた症状でも、無痛ゆらし療法という手法で緊張をほぐしながら改善していきます。
検査を受けたけれども原因が特定できないような場合でも、全身の筋肉にアプローチしていくので根本原因を解消できます。

痛みや凝りの症状にも

当院では、もちろん肩こりや首痛、むちうちや五十肩などの症状も扱っています。これらは病気とは違うアプローチ方法が必要になりそうですが、根っこは筋肉の緊張に伴う腸機能の低下と考えています。
整体で使う無痛ゆらし療法は、施術者がやさしく触れたり、ゆすったりすることで全身の筋肉の緊張を解きほぐしていきます。押したり揉んだりする施術と違い、強い刺激を与えないのでごまかしがきかないのが特徴です。これは施術者には重圧になりますが、それだけ無痛ゆらし療法は正確なアプローチができるということです。
一時しのぎの治療では、すぐに症状は再発してしまいます。病気も痛みも凝りも、一時しのぎでは根本的な解決にはなりません。
これを改善するには、根本原因の腸を元気にしてあげることが大切です。そのためにやさしい刺激を与えて、身体をリラックス状態に導いていきます。
筋肉が緩むことで、腸の機能が回復していくので心地よさを感じられるでしょう。腸が元気になると自然治癒力と免疫力がアップして、病気やストレスに強い身体になります。ストレスに強くなることで、病気を発症しても負けずに闘える気を養うことができます。