肉離れの症状を緩和するには

筋肉が部分断裂してしまった状態が、肉離れです。筋肉がある箇所なら全身どこにでも発症しますが、特に多いのは太ももの裏とふくらはぎです。
冷えが強くなる秋口から冬に患者さんが多くなります。激しいスポーツで筋肉に限界以上の負荷をかけたり、準備運動をせずに急に動いた時に起こることが多いです。
肉離れが起こると、激しい痛みに加えて腫れ、内出血などが起こることもあります。一般的な治療では、湿布やアイシングで患部を冷やしたり、テーピングやギプスを使って固定させます。そしてしばらく動かずに安静にしているように指導されます。
これが間違った治療法というわけではありませんが、これだけの処置では全治までに1ヶ月以上かかってしまうこともあります。
仙台市の一真堂整体院では、アイシングやテーピングなどはせずに、短期間で回復できるように無痛ゆらし療法を使います。
アイシングをすると筋肉の緊張が強まって血流が阻害されてしまい回復の妨げになりますし、固定をすると筋肉が硬化してリハビリに時間がかかってしまうからです。
受傷後に軽くタオルで冷やすという程度で、あとは血流を改善させて痛みを軽減できるように施術を行っていきます。

やさしい刺激で回復に導きます

一般的な治療よりも早期回復を目指す整体治療というと、骨をバキバキしたり、ギューギューして無理やりどうにかするような痛い施術をイメージしがちです。
しかし、肉離れの早期回復にはこれはやってはいけないことです。当院では、痛みを感じさせない無痛ゆらし療法を使い、やさしい刺激で緊張をほぐすことを重視しています。痛みのでる体勢や動きは避けて行うので、施術中に痛い思いをする心配はありません。
肉離れを起こした周辺の筋肉は緊張状態になっていて、血流が悪くなっています。なので、施術によって筋肉の緊張をほぐすことで血液循環を改善させて回復のスピードをアップします。独自の手法によって断裂部位を修復させていきます。
また、無痛ゆらし療法の施術では緊張がほぐれることで自律神経の働きが整い、腸の働きが良くなります。腸にアプローチできると、血液循環が良くなって自然治癒力が高まります。
テーピングやギプスで固定してきた患者さんでも、1回〜数回の施術でこの固定器具が取れるようになることもあります。
痛みのない施術ですし、回復スピードが一般的な治療よりも早いのが特徴です。次の試合までには治したいというような焦りがある方にもオススメです。