腱鞘炎の痛みの原因とは

ピアノを弾く、パソコンを打つ、文字を書く、など手指を使いすぎることで、指を曲げ伸ばしする腱と腱を包んでいる腱鞘(けんしょう)が擦れ合い、炎症と痛みが起こるのが腱鞘炎です。指関節周辺や手首に腫れや痛みが現れて、動かせる範囲が狭くなります。腱が肥大して検証に引っかかり、ばね指を併発するケースもあります。ばね指は指をよく使う職業の方や、更年期の女性に多い症状です。
腱鞘炎が起きてしまったら、なるべく手指を使わないようにして湿布や鎮痛消炎剤やステロイド剤を使って対処していくしかありません。もしくは手術をする方法もありますが、手術をしても再発するケースが多いです。
指や手首の動きは、前腕の筋肉によって行われます。つまり、指や手指を使いすぎて起こる疲労は前腕の筋肉に起きているということです。
仙台市の一真堂整体院では、腱鞘炎は前腕の筋肉の緊張によるものと考えています。疲労が溜まると指の動きに無理がかかってしまい、腱と腱鞘のスムーズさがなくなり炎症が起きてしまいます。
当院では、この緊張を無痛ゆらし療法という手法で取り除いていきます。痛くなく、心地よいと感じられる刺激で行う施術方法です。

指が使えるように改善していきます

無痛ゆらし療法で前腕部から肩周辺の緊張を取り除くことで、指が使えるように準備していきます。腱の炎症が起きたり引っかかったりしている部位をやさしく刺激して、肩や腕の緊張を改善して指がスムーズに動かせるようになるように根本から炎症を回復させます。
前腕の疲労が腱鞘炎の原因だということが理解できると、自己メンテナンスもしやすくなります。前腕の筋肉の緊張の存在を知らずに手術を受けたとしても、一時的に痛みや炎症が取れるだけで再発してしまう可能性があります。
当院では、根本原因の緊張状態を改善するように導いていきます。
無痛ゆらし療法のメリットは、心身がリラックスすることで自律神経が整い、自然治癒力や免疫力が高まることです。自律神経が整うと腸の緊張がほぐれて血流が良くなり、内臓の動きが良くなるという良い循環が生まれます。
すると自然と治癒力と免疫力がアップして、ストレスや疲労が回復しやすい身体になります。
痛みによるストレスや不安にも負けない身体を作ることができるので、相乗的に腱鞘炎対策ができます。
再発を繰り返して苦しんでいる方は、無痛ゆらし療法の施術を受けてみると身体が変わるでしょう。