スポーツ障害とはどのようなものか

スポーツ障害とはスポーツを行った際などに外圧がかかり、関節の周辺部位に障害が起きることをいいます。靭帯を損傷してしまったり骨折をしてしまった、骨にヒビが入ってしまったというような場合には、整形外科などの医療機関を受診して治療を受ける必要があります。そういった場合は痛みを強く感じるので、本人も自覚しやすいでしょう。しかし、X線検査などを受けて異常がない場合にも、不具合を感じたり、痛み方は弱いものの長く痛みを感じるといったことが起こることもあります。この痛みは、筋肉の緊張が原因で引き起こされます。スポーツ障害の特徴として、膝に痛みを感じることが多くあります。これは体を支える太腿の筋肉が緊張し、膝のお皿の下にある脛骨粗面が引っ張られ、引っ張っている部分の膝蓋腱が損傷することで痛みが発生するものです。これと同様のメカニズムで痛みを感じるものに、オズグッド病があります。オズグッド病は成長痛とも呼ばれるもので、成長期のお子さんに多くみられる症状です。成長痛は、成長期が終われば自然に治るので、それまで我慢するしかないと言われることがほとんどでした。しかし、適切な処置をすることで痛みを改善することができます。

仙台市にある一真堂整体院の特徴

スポーツ障害やオズグッド病による痛みは、整体の施術を受けることで改善できるケースが多くあります。施術には関節機能障害を調整する力があり、下肢の筋肉と股関節の緊張を取り除いて、引っ張られている膝蓋腱にアプローチすることができるからです。仙台市にある一真堂整体院では、スポーツ障害やオズグッド病に適したアプローチを行っています。当院ではまず、どの部位が原因で引き起こされている痛みなのか、どうして症状が悪化したり、持続したりしているのかを正確に見極めます。この場合、本人が自覚していない部位に原因があることもあります。そして、痛みを引き起こしている原因や症状に一番適した方法でアプローチを行っていきます。筋肉の緊張が解消されることにより、痛みを和らげたり解消したりすることができます。特に成長段階にある子供の場合には治癒能力も高いため、5回前後の施術で回復するケースが多くあります。その中には、1~2回という少ない回数の施術で劇的に良くなったというケースも見られます。それにより、部活動などのスポーツに復帰できる場合もあるので、成長痛だから仕方ないと諦めないことが大切です。