不妊症がストレスになっている場合

日本人の10組に1組のカップルは、不妊症と言われています。不妊治療の方法にはステップアップ療法という、ステップを踏んで段階的に次の治療方法に移っていく方法があります。タイミング法、排卵誘発、体外受精、などとだんだん高度な治療に移っていきます。
これで妊娠できるカップルもいますが、全てのカップルが妊娠に至るわけではありません。高度医療を受けるにはお金がかかりますから、それを受けられない場合もあります。また、高度医療を受けたとしても、最終的には2割のカップルが不妊のまま終わってしまうと言われています。
不妊症の原因は、精子の運動率が悪い、卵巣や子宮の老化などとされていますが、これだけが原因というわけではありません。こういうことは結果であって、原因ではありません。
仙台市の整体院では、不妊症の一番大きな原因は心身のストレスだと考えています。赤ちゃんができないストレスや悲しみ、またダメだったという怒りなど、負の感情は腸が受け止めています。ストレスや負の感情を常に腸に吸収させ続けると、次第に腸が受け止めきれなくなって疲れ果ててしまいます。
仙台市の一真堂整体院では、この状態を無痛ゆらし療法という方法で改善していきます。

表面の結果にだけ左右されない

病院での治療は、精子や卵巣、子宮ばかりを見る表面に現れた結果を見るだけの治療になってしまいがちです。この問題ばかりに目を向けてしまうと、根本原因が改善されません。
根本原因がわからないまま何度も検査を受けて治療を続けても、成功率は上がりません。
少しでも成功率を高めたいのであれば、身体の緊張をほぐして腸の働きを良くして、ストレスに強い身体に整えることです。
それに最適なのが無痛ゆらし療法というわけです。無痛ゆらし療法では、特別な器具などは使いません。施術者がやさしく触ったりゆするだけで、心地よい気分にさせて心身の緊張をほぐします。
整体の施術というと、もっとバキバキ・ギューギューされることが多く、その方が効果があると考えている施術者もいます。しかし、この方法ではかえって緊張を増強させてしまうだけで、腸が緊張して血流が悪くなってしまいます。
逆に、無痛ゆらし療法では緊張がほぐれて腸の働きが良くなるので、血液循環も改善されます。血液が流れやすくなると、子宮や卵巣などにも血液が流れやすくなり、栄養が行き届いて元気になっていきます。
痛くない施術なので、痛みが苦手な方でも安心して受けられます。