痛風の原因を取り除きます

血液中の尿酸値が高い状態が高尿酸血症で、これが続くと尿酸の結晶が関節の組織に沈着します。その結晶が関節から剥がれ落ちて離れると炎症物質が寄ってきて、炎症が起こります。足の指などに耐え難い痛みが起こるのが特徴です。患者さんの9割は男性と言われています。
一般的な治療では、尿酸値を高くしないように薬物療法と食事療法を行います。尿酸値を上げる食べ物は旨み成分の多いものなので、食事療法は味気ない食事になってしまうことが多いです。
もちろん食事療法も大切ですが、仙台市の整体では痛風は結果であって原因ではないと考えます。足の指が痛くて、尿酸値が高いと痛風と診断されますが、それ以外の時には原因不明かもしくは関節炎と診断されます。
大切なのは診断名に惑わされないことです。股関節や下肢の筋肉の緊張が起きたことが原因で、結果的に足指周辺に痛みが現れることもあるからです。
仙台市の一真堂整体院では、痛風を無痛ゆらし療法という施術で改善していきます。やさしく触ったりゆらしたりする施術を行うことで、全身の緊張をほぐして心身をリラックスさせて自律神経を整えます。これにより、痛みの原因を生み出す腸へアプローチしていきます。

腸の緊張をほぐす大切さ

腸は第二の脳と言われています。ストレスや暴飲暴食、冷たいものの取りすぎや薬の服用などで胃に負担がかかると、同時に腸にも負担がかかります。
腸にストレスがかかると腸が緊張して硬くなり、疲労回復が遅くなったり、自然治癒力が下がっていきます。それが慢性化するとさまざまな痛みや病気を引き起こしてしまいます。
痛風も、股関節や下肢の筋肉が緊張して腸まで緊張してしまい、痛みが起きていることがあります。その状態が整体の無痛ゆらし療法で改善されると、血流やリンパの流れも良くなり内臓も元気になります。
痛風という病名がつけられると食事療法だけで対処しようとすることが多いですが、それだけを見ていては根本的な解決にはなりません。
仙台市の一真堂整体の施術では、どこが根本原因なのかを考えて適切なアプローチ方法を見つけていきます。
食事療法や薬物療法を続けているけれども症状が回復しない方や、原因不明の診断を受けて不安な方も、無痛ゆらし療法を受けてみるといいでしょう。
痛みを伴わないやさしく心地よい施術なので、安心して受けられます。施術者に身を委ねていただくだけで、身体全体の緊張がほぐれて自然にリラックスすることができます。