治療が難しい坐骨神経痛

高齢化とともに、坐骨神経痛に悩む方が増えてきました。坐骨神経痛は病名ではなく症状のことで、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などによる坐骨神経根の圧迫や、神経炎や股関節炎などのさまざまな原因によって坐骨神経が刺激されて起こると考えられています。
腰やお尻、太もものあたりがピリピリしたり、締め付けられるように痛んだり、さらに痺れを伴うこともあります。ひどくなると自力で歩行困難になってしまうこともあります。
これに対して一般的な治療では鎮痛剤やブロック注射をしますが、これは対処療法なので一向に良くならないケースもあります。
これに対して、仙台市の一真堂整体院では無痛ゆらし療法という施術によって、痛みや痺れを改善していきます。坐骨神経痛の原因は疲労による筋肉の緊張が関係していることもあり、疲労によって腰や臀部の筋肉が緊張することで腰から足にかけて通っている坐骨神経が圧迫されて痛みや痺れが出ます。また、腰背部の筋肉の緊張によって椎間板に負荷がかかって起こることもあります。
腰や臀部、股関節周辺の筋肉の緊張を無痛ゆらし療法で取り除き、背骨や骨盤を整えて椎間板への負担を減らして症状を改善させていきます。

諦めずに整体を受けてみましょう

坐骨神経痛は治療困難と言われることも多く、患者さんの多くは痛みや痺れと付き合いながら暮らしています。治療は無理だからと諦めてしまっている人もいます。
しかし、整体はそういう原因がよくわからない、治療が難しい症状の改善に向いている方法です。体が痛みや痺れを感じないように薬を使うのではなく、ご本人の自然治癒力を高めて改善に導いていくからです。
身体に負担をかけないようにゆっくりやさしくゆらして、筋肉の緊張を解いていくので原因不明の痛みや違和感のほとんどに対応することができます。
普通の整体では無理に押したり揉んだりする、痛い施術をすることがありますが、無痛ゆらし療法では痛みはありません。むしろ心地よいと感じられるやさしい刺激です。
身体を心地よくゆらすことで、身体と脳が刺激への警戒信号を会場して、回復しやすい状態に誘導していきます。
坐骨神経は起きているのも寝ているのも辛い痛みや痺れが伴うことが多いです。無痛ゆらし療法であればそのような状態にさらに追い討ちをかけて痛みを強くするような刺激は行いません。安心して気軽に、リラックスした気分で施術を受けることができます。