本日は仙台市宮城野区より「腱鞘炎」でお越しの30代のマリさま。

ホームページからのご来院で、はじめての施術です。

2月に出産し、子育ての負担により2カ月前から右手母指に痛みが出はじめました。
病院で「腱鞘炎」と診断され、痛み止めを処方され、市販のサポーターも使っていますが良くなりませんでした。

「腱鞘炎は、痛みが出ている指や手首が原因ではないんですよ」と身体を触っていくと、もともと慢性の肩こりもあって首肩周辺がガチガチでした。
腋窩部、胸部、上腕部に強い緊張と圧痛があり、「腱鞘炎の原因はここなんです」と言うと、普段痛みを感じない部位の圧痛と本当の原因に驚かれていました。

体幹に近い首肩からアプローチし、最後に前腕部と痛みの出ている母指にアプローチしました。
母指は広げる動作ができずに痛みを感じます。
前腕部の母指につながる筋肉のラインには強い緊張と強い圧痛があり、『心真動作法』をほどこすと痛みなく広げることができるようになりました。
「さっきと全然違います!」と喜ばれていました。

普段痛みを感じない下肢全体にも圧痛を感じました。
「痛みを感じる部位は、疲労して筋肉が緊張している部位です。悪いところを教えてくれる痛みなんですよ」とお伝えしました。

ありがとうございました。
              仙台市の一真堂整体院