本日は柴田町より「腱鞘炎・腕のしびれ」でお越しの50代のサチコさま。

ご紹介でのご来院で、はじめての施術です。

有機農家を営んでいらっしゃいます。
以前から仕事の負担で腕のしびれを感じていましたが、2カ月前より母指の痛みが出はじめ曲げられなくなりました。
病院で「バネ指」「腱鞘炎」と診断され、注射を打ったり痛み止めを服用しましたが、良くなりませんでした。
年齢を重ねるにつれ、疲労の回復力が落ちてきていると感じます。

毎日の仕事の疲労から、全身に緊張が見られました。
『心真動作法』をほどこすと、普段感じていない部位に圧痛がありました。

「腱鞘炎も腕のしびれも根本の原因は体幹に近い部位にあるんですよ」
痛みが出ている母指周辺はもちろん、前腕部から上腕部、腋窩部、胸部まで圧痛がありました。

体幹に近い部位からアプローチし、最後に前腕部と母指球にアプローチすると、曲げられなかった母指が曲げられるようになりました。
「痛みはだいぶ楽です。親指も曲げれるようになりました。首肩も楽です」と喜ばれていました。

「また痛くなったら来ればいいですか?」
「毎日の疲れもあるでしょうから、痛くなる前に来てください。農家に定年はありませんから、定期的にメンテナンスしていくことが大切です」とお伝えしました。

※後日連絡をいただき、曲げられなかった親指は一度の施術で曲げられるようになったと喜ばれていました。
農家の仕事が忙しくなかなか来れないようですが、「腕のしびれはまだ残っているのでまた行きたいです」とのことでした。

ありがとうございました。
              仙台市の一真堂整体院