本日は仙台市青葉区より「大腿骨頭壊死症・膝痛」でお越しの高校生のモナちゃん。

41回目の施術です。

今回2週間の間、右膝痛は再発せずに楽で、左股関節の開き方向もそこそこ良い状態を保っているようです。
右足首の痛みがすぐに戻ってしまいました。

今日は足首痛の原因と思われるふくらはぎと左股関節の可動域を広げるためのアプローチに力を入れました。
相変わらずふくらはぎには強い緊張でカチカチでしたが、『心真動作法』を念入りにほどこすと大分ほぐれました。
股関節はハムストリングの内側と内転筋、腸腰筋に強い緊張がありましたが、だいぶほぐれて開く方向の可動域が良くなりました。
屈曲方向は相変わらず膝を立てた状態から先に曲げることができませんでしたが、ハムストリングに念入りにアプローチすると少し曲がるようになりました。

膝痛のある右側は曲げ伸ばしのときにスムーズですが、膝痛のない左側は曲げ伸ばしのときに膝がゴリゴリと大きな音がします。
今回モモの筋肉に掌圧をかけて強めにアプローチすると、ゴリゴリ音がかなり軽減し驚いていました。

施術後は、右足首の痛みはなくなりましたが足首周辺の張りが残ったので、再度ふくらはぎにアプローチすると張りも解消しました。
右膝痛はもちろんOKで、左股関節の開きと屈曲も改善しました。

施術をするたびに痛みと可動域の改善を実感していますので「休みの日も塾通いでなかなか時間が作れませんが、なるべく来たいと思います」と喜ばれていました。

ありがとうございました。
仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市青葉区より「大腿骨頭壊死症・膝痛」でお越しの高校生のモナちゃん。

38回目の施術です。

前回の施術の後、右膝痛は4,5日良かったのですが現在はまた痛みが出ています。
左股関節の可動域は施術直後に比べると減っています。

まだ下肢全体に張りと圧痛がありますが、前回ほどではなくだいぶほぐれた感がありました。
『心真動作法』で硬くなっている筋肉の奥深くにアプローチしました。

施術後に踏み台の昇り降りをしてもらうと、降りるときに膝と足首に少し痛みが残りました。
イスを使って立位ですねとふくらはぎにアプローチすると、踏み台の昇り降りで痛みはなくなり「前回よりもいいです」とのことでした。

左股関節の可動域は、上方向は前回と同じくらいの可動域まで広がり、外側へ開く方向の可動域はだいぶ大きくなっていました。
「開くのは全然できなかったので、だいぶ開くようになりました」と、何回も開いて見せていました。
普段は感情を表に出さない子なのですが、かなり喜んでいました。

「夏期講習で忙しくてなかなか来れないのですが・・・」とお母さんが言うと「○○曜日は大丈夫じゃない?」と本人がはじめて予約に加わってきました。
良い結果が出た証拠ですね。

ありがとうございました。
仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市青葉区より「大腿骨頭壊死症・膝痛」でお越しの高校生のモナちゃん。

37回目の施術です。

前回の施術後は、踏み台の昇り降りをしても「ほとんど膝の痛みはないです」と喜んでいましたが、3週間あいだが空いて膝痛は痛みが戻ってしまいました。

とにかく下肢全体がカチカチで、通常の施術では変化が見られません。
「今日は少し刺激を与えて大きな変化を出してあげよう」という気持ちで臨みました。

右の膝痛は、大腿部の内転筋の緊張に大きな原因があると判断し、念入りにアプローチしました。
左の股関節痛、可動制限は臀部、ハムストリング、大腿筋膜張筋、内転筋、大腿四頭筋と下肢全体に念入りにアプローチしました。

施術後に踏み台の昇り降りをしてもらうと、「膝の痛みはないです。前回よりも良い感じです」
今までは左足の足踏みをしてもらうと、股関節が曲げられずに膝だけを後ろにピョンと曲げる動作だったのですが、股関節を上に曲げることができていました。
もも上げが全くできなかったのが、もも上げができていたのです!
驚きを隠し「どうですか?」と聞くと、本人は「いつもと変わらない」と答えましたが、「今まで股関節は曲げられなかったよね」とお母さんに同意を求めると「全然違いますよね」と嬉しそうでした。

「夏休みは進学塾などで忙しいけど、何とか通いたいと思います」と良い結果が出ることによって希望を持っていただけたようでした。

ありがとうございました。
仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市青葉区より「大腿骨頭壊死症・膝痛」でお越しの高校生のモナちゃん。

35回目の施術です。

両側に大腿骨頭壊死がありますが、小康状態です。
右側の股関節の可動はOKで痛みもありません。
左側の股関節の可動域は狭いのですが、無理に可動しなければ痛みません。
とは言っても、可動しないので不自由です。
前回から半年くらい右膝痛が続き、最近痛みが強くなっています。

月に1回の施術を続けてくださっていましたが、はじめて5カ月間あいだが空きました。
右膝の痛みが取れず、左股関節の可動域が改善せず、「このままじゃ、進学も就職も出来ない!人工関節でもいい!」という思いでいたようです。

無理に可動しなければ痛みが出ないので、今までメンテナンスのかたちで施術していた私にも正直甘えがありました。
はじめてそのような思いを聞いて、「安易に人工関節にすることの怖さ」を説明し、「膝の骨が変形している人でも筋肉を緩めれば曲げ伸ばしできるようになるんだよ」という実例を話しました。
そして「月に1回じゃなくて毎週通うくらいの気持ちと、自分でも毎日ストレッチをやること」を伝え、一緒に頑張っていくことを決めました。

5カ月ぶりの施術ではあまり変化が見られませんでしたが、1週間後の施術では「今日は膝の痛みを絶対に取ってやる」という強い気持ちで臨みました。
とにかく下肢全体がカチカチで(お尻は今までの施術で柔らかくなりました)、『心真動作法』も少し強めにしないと効果がありません。
「痛いけど我慢してね」と伝えて右膝の施術をおこないました。
とくにモモの外側と内転筋、腸骨筋に強い緊張と圧痛がありましたが、『心真動作法』を集中的にほどこすと、階段を降りるときの痛みが「ほぼないです」というまでに解消されました。

左側もカチカチですが、内転筋を集中して施術すると、微小ではありますが開きが広がり痛みも楽になりました。
立ち上がって足を曲げ伸ばしすると、いつも以上に変化が出たようで「軽いです」と喜んでいました。

今回は結果が出たので本人も少し安心したと思います。
「頑張ってストレッチしてね」と伝えると「はい」と元気に答えてくれました。

ありがとうございました。
仙台市の一真堂整体院