本日は富谷市より「膝の水」でお越しの50代のトシコさま。

8回目の施術です。

このところ3週間おきに施術をお受けになっていますが、良いときとあまり良くないときと交互にくり返しています。
前回は「すごく良いです」とおっしゃってくれましたが、今回は「あまり良くないです」とのことです。
それもそのはずで、見ただけで膝の上が腫れているのが分かるほどです。

「前回調子が良かったので無意識のうちに使いすぎてしまったのだと思います」

血液循環に重要なふくらはぎの奥に強い張りがあり、念入りにアプローチして一通りの施術を終えましたが、腫れが引きませんでした。
最後にもう一度筋肉の緊張を探すとモモの付け根周辺とそこからつながる内転筋のラインに強い緊張がありました。
強い圧痛がありましたが『心真動作法』をほどこすと、「血液が一気に流れた感じがしました」と大きな変化を感じていただきました。

膝上の腫れを確認すると、見違えるほど腫れが引いていました。
「軽くなりました。今までイスに座るときに踏ん張れなくてドスンと座る感じでしたが、今は普通に座れます」とスムーズに座っていました。

ありがとうございました。
              仙台市の一真堂整体院

本日は富谷市より「膝の水」でお越しの50代のトシコさま。

5回目の施術です。

3回目の施術後は調子が良かったようですが、2週間経ったころから違和感が出はじめました。
病院では「溜まった水は抜かない限りなくならない」と言われていたので、「水が溜まる恐怖心がありました」とのことでしたが、施術後は楽になりました。

4回目の施術後、休日に半日じっとしていたところ膝が腫れてしまいましたが以前のような下肢の重苦しさを伴うことはなく、「筋肉の緊張が取れれば自然と吸収されますよ」と伝えていましたので「気持ち的には楽でした」とのことでした。
その後動いているうちに腫れが引きはじめ、3日くらいで全く気にならなくなりました。
「溜まった水が自然に吸収されることが実感できて嬉しかったです」と笑顔をいただきました。
施術後には「軽いです、何ともありません」と喜ばれていました。

ありがとうございました。
                    仙台市の一真堂整体院

本日は富谷市より「膝の水」でお越しの50代のトシコさま。

はじめての施術です。

3,4年前より膝に違和感が出はじめ、当初は筋トレをおこなうことで維持できていました。
昨年9月に膝が腫れて整形外科を受診すると「膝に水が溜まっている」と診断され、水を抜いてヒアルロン酸の注射を5回続けました。
その後血液検査で「リウマチ」の恐れがあると、別の病院を紹介されて「異常なし」と診断されました。
そこでは○○症候群と診断され、ステロイド注射を受け、3か月間は良好でした。
病院から言われたことは「膝の水が溜まると自然になくなることはないので、抜かなくてはならない」ということでした。

最近になってまた水が溜まりはじめたので抜きましたが、「このまま同じことをくり返すのだろうか?」と不安に思い、ネットで検索しているうちに当院にたどり着きました。

「膝の水とは関節の潤滑液で、筋肉の緊張により循環不良になってたまるものです。緊張がほぐれれば、自然と吸収されます」と説明しました。
「サプリメント(医薬品も同じ)の効果がないこと、ヒアルロン酸の注射も軽度の症状にのみ効果があること」もお伝えしました。

お医者さんの言葉を信じるとこの先不安でしたが、きちんと説明させていただき納得していただけたようで、「安心しました」と喜ばれていました。

2回目の施術のとき、
「施術後はどうでしたか」とお尋ねすると、
「すごく軽い、あまりの軽さです。しゃがむのが楽です」とのことでした。

「先週に膝の水を抜いたときも軽くなったとおっしゃっていましたね」
「そのときはまだ少し残っているような感じで、しゃがむのもつらい感じでしたし、この先も続けるのかという不安がすごくありました。今は不安がないです」
「左右差が全くなくなるほど腫れが引きました」と喜ばれていました。

施術前は痛みのあった、30センチの高さのベッドの昇り降りでも痛みはなくなりました。

ありがとうございました。
                  仙台市の一真堂整体院