本日は仙台市泉区より「リウマチ」でお越しの30代のトモヨさま。

1カ月ぶり7回目の施術です。

急に寒くなったせいか、2週間前から全身の痛みがひどくなりました。
痛みや不調の根源は「血流の悪化」です。
血流の悪化は筋肉の緊張から起こります。

寒くなる→ 筋肉が緊張する→ 血流が悪化する→ 痛みが起こる
ということですね。

下肢はふくらはぎ、すねに強い緊張がありました。
上肢は腋窩部、胸部、三角筋、首に強い緊張がありました。

施術後は「今朝は腕が上がらなかったのが楽になりました。足も楽です」と喜ばれていました。

ありがとうございました。
            仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市泉区より「リウマチ」でお越しの30代のトモヨさま。

6回目の施術です。

1カ月ぶりで、夏の暑さとお盆の帰郷などの疲れもあるはずですが、調子はいいとのことです。
「痛みはありますが、すごくつらかったときと比べると楽です。でもだんだん欲が出てきますね」と前向きの様子です。
痛みで寝返りが打てないことが大分減ったそうです。
前回はあぐらがかけるようになり(股関節の可動域が増えた)、今回は正座ができるようになったと喜ばれていました。

痛みもそうですが、身体の回復力が高まってきている証拠ですね。

今日は全体的に刺激を与えたので全身に圧痛がありましたが、悪い部位を自覚できる圧痛とご理解いただいています。
施術後は「上を向けなかったのが向けるようになり、足首のギシギシ感が減りました!」と喜ばれていました。

ありがとうございました。
              仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市泉区より「リウマチ」でお越しの30代のトモヨさま。

5回目の施術です。

前回『心真動作法』の刺激を与えて施術をおこないましたが、その成果が表れたようです。
波はありますが、痛みが少ないと感じる日が出てきたそうです。
股関節の可動域が広がり、胡坐(あぐら)がかけるようになったと喜ばれていました。

今日も全身に圧痛がありましたが、「圧痛はありますが前回よりも減っている感じです」という部位もありました。
「筋肉がほぐれれば圧痛は減ります。身体が変化している証拠ですね」とお伝えしました。

8年間の投薬治療で学んだことは、「薬では寛解しないこと」そして「薬の怖さ」です。
少しづつ、そして着実に寛解に向かって歩んでいきましょう。

ありがとうございました。
                    仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市泉区より「リウマチ」でお越しの30代のトモヨさま。

4回目の施術です。

3回の施術で目立った変化はなく、「しばらく調子は悪いです」とのことでした。
この方は20のときに「リウマチ」が発症し、8年間投薬治療を続けましたが回復せず、今は民間療法で寛解を目指しています。

「リウマチの初期の方は精神的なストレスを抱えていますから、優しい手法で自律神経の安定を促しますが、トモヨさんの場合は肉体的な痛みに直接アプローチした方が良いかもしれません。少し刺激を与えてみまましょうか」
「私もその方が良いと思います」と、痛みを取る目的での『心真動作法』を受け入れていただきました。

前回よりも少し刺激を与えて施術をおこなうと、腸骨筋と内転筋に強い圧痛がありましたが、施術後は「足が軽いです!」と喜ばれていました。
首の痛みも少し刺激を与えて『心真動作法』をほどこすと、「痛みがなくなりました」と喜ばれていました。

同じ「リウマチ」でも、精神的にアプローチするケースと肉体的にアプローチするケースを使い分けることが重要です。

ありがとうございました。
                    仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市泉区より「リウマチ」でお越しの30代のトモヨさま。

3回目の施術です。

2回の施術で膝が楽になった以外の大きな変化は感じていないようです。
「肩こりや腰痛などの症状は、一度での大きな変化を出せますしそれが望ましいのですが、リウマチは一度での大きな変化ではなく、身体の中からの変化を促していくことが望ましいので、じっくりと長い目で見ていく必要があります」と伝えました。

ともあれ、なんの変化も感じなければ不安を感じることは事実ですので、今日は身体に少し刺激を与えてみました。
足首の痛みは直接的ではなく、間接的に腸骨筋にアプローチすると強い圧痛を感じ「こんなところが痛いなんて、はじめて知りました」と驚かれていました。
肩周辺は腋窩部と上腕部に圧痛があり、『心真動作法』をほどこすと「朝は腕も上がらなかったし、脚も引きずるような感じだったので、腕も脚も上がるようになりました」と喜ばれていました。

「普段痛みを感じなくても施術して痛いところは悪いところです。悪いところを知れば、意識するようになるので身体も変わってきます」と伝えました。

ありがとうございました。
                  仙台市の一真堂整体院

本日は仙台市泉区より「リウマチ」でお越しの30代のトモヨさま。

はじめての施術です。

20歳のときにリウマチが発症し、8年間は投薬治療で症状が抑えられていました。
その後足の痛みなどはありましたが、とくに治療せずにいたそうです。
結婚、出産後の2年ほど前からリウマチの症状が再発していました。

5年前に仙台に来る前は投薬と並行して鍼治療を2年ほど続けたことがありましたが、仙台には同じ鍼治療がなかったため、ネット検索しているうちに当院にたどり着きました。
仙台の病院では「手首の骨は固まっているので治らない」と診断され、今回は病院の治療を受けず東洋医学(自分自身の自然治癒力)での寛解を目指すとのことです。

現在は、首肩こり、指の痛み、腰痛、膝痛がありますが、一番気になる症状は足首の痛みです。
ギシギシ感があり、朝はこわばって痛みがあり、長く歩くと腫れが出ます。

全身を丁寧にゆらすと、気持ちよさそうに眠っていらっしゃいました。
最後にすねとふくらはぎ、肩周辺に『心真動作法』をほどこすと、「足首のギシギシ感がだいぶ楽になり、首肩も楽です」と喜ばれていました。

「こんなのはじめてです。気持ち良かったです」
押したり揉んだりの施術は一見気持ち良く、リラックスするように感じますが、強い刺激では心身ともに本当にリラックスできません。
「心身ともに深くリラックスすることが大切です」と伝えました。

「主人に子供の面倒をしてもらわなければならないので、土日にしか来られませんが通いたいと思います」とおっしゃっていただきました。

ありがとうございました。
                    仙台市の一真堂整体院