仙台市太白区より「脛骨骨折」でお越しの聖和学園サッカー部のダイゴくん。

聖和学園は、先日の「全国高校サッカー選手権大会」県大会の初戦で5-1と快勝しました。
ダイゴくんは貴重な先制ゴールを決めました!

3月に右脛骨を骨折し、6月に固定ボルトが取れてから7月下旬の検査でゴーサインが出てリハビリを続けていました。
8月~9月の1カ月で計4回の施術をおこないましたが、ある程度動けるようになってからも3度「グキッ」という強い痛みと腫れをくり返していたので本番に向けて怖さがありました。

9月12日の施術でお互いに「大丈夫」という確信を持ち実戦復帰しましたが、その後は強い痛みが出ることもなく順調に回復しました。
骨折治癒後から1か月半という短期間での実戦復帰は、『心真動作法』による下腿深層部の強い緊張を早期に解消できたためと自負しています。

ダイゴくんは1年生のときに選手権の全国大会でベンチ入りメンバーになっていますので、今回の最後の選手権はレギュラーメンバーとしてぜひ全国大会に出場してもらいたいですね。

ありがとうございました。
            仙台市の一真堂整体院