足の甲捻挫の後遺症も、1度の施術で普通に歩けます!

本日は川崎町より「頸椎症・耳鳴り・冷え性・捻挫の後遺症」でお越しの50代のヨネコさま。

5年ぶり、70回目の施術です。

以前は頸椎症に起因する手のしびれやマヒ感と全身の症状で通院してくださっていました。
当時は症状がひどくお仕事はされていませんでしたが、現在は福祉のお仕事をされています。

頸椎症の後遺症で首の痛みが残りますが、以前ほどではないようです。
耳鳴りや腰痛があります。
10月に足の甲の捻挫をした後遺症で、右足をかばっていたせいか歩き方がぎこちなくなってしまいました。

下肢にアプローチしていくと、右足をかばっていたせいで捻挫をした右足よりも左足の方に強い緊張がありました。
右足にはそれほどの緊張はなく、捻挫の後遺症は残っていないと判断しました。
施術後に歩いていただくと、「来たときと違って普通に歩けます。怖くてできなかったつま先立ちもできます」と喜ばれていました。

上半身は腋窩部、胸部、三角筋に強い緊張があり、『心真動作法』をほどこすと首の可動域が増えました。
最後に首にアプローチすると、さらに首の可動域が増えました。

「また通いたいと思います」と喜ばれていました。

ありがとうございました。
仙台市の一真堂整体院