腰と背中が急に痛くなり、試合中に動けなくなりました!

本日は利府町より「背中と腰の痛み」でお越しのバスケット高校生のショウマくん。

30回目の施術です。

今朝まで何ともなっかったのですが、午前中にバスケットの練習を始めると少しづつ腰に痛みが出はじめました。
我慢して続けていましたが、試合形式の練習中に背中と腰の痛みがひどくなって動けなくなりました。

ショウマくんは中学生のころから通っていただいていますが、今回のようなひどい腰痛ははじめてです。
来院時はゆっくりとした動作で体を前後に曲げられず、横になるときにも痛みでスローな動作でした。

腰よりも臀部から下肢全体がパンパンに張っていました。
「下肢の疲労がたまって腰を引っ張ったんだね」と説明しました。

パンパンに張った筋肉にアプローチするとかなりの圧痛を感じていましたが、頑張って動作してもらいました。
とくに張りが強かった部位は、臀部外側、ハムストリング、ふくらはぎ、大腿筋、内転筋、腸腰筋と脊柱起立筋でした。
ほぼ全部ですね(笑)。

2回繰り返した後に痛みの確認をしてもらうと、前屈は手が床につくほど曲がり、後ろに反らしても左右に捻っても痛みがなくなりました。

「これだけ張っていれば痛みが出てもおかしくないね。よくストレッチをするようにしてね」とアドバイスしました。

ありがとうございました。
仙台市の一真堂整体院

本日は利府町より「手の甲の痛み・すねの痛み」でお越しのバスケット少年のショウマくん。

26回目の施術です。

今日は、先週から両足のすねの内側に痛みが起こり、湿布を貼ったりテーピングをしたりしているのですが良くなりません。
今春高校に進学して、部活で毎日ランニングがあるそうで、その疲労が蓄積したのでしょう。

2週間前に試合で転倒し、左半身を打ったときに左小指側の手の甲を痛め、まだ痛みが残っています。

すねは少し触っただけで、もかなり痛みがある状態でした。
ふくらはぎにも圧痛があり、すねの周りからほぐしていくと痛みがだいぶ楽になりました。
最後に立位でイスを使っての『心真動作法』をほどこすと、ジャンプをしたときと強く押さえたときに少し痛む程度まで楽になりました。

手の甲は、前腕部小指側と上腕部に緊張と圧痛があり、そちらを先に緩めたあとに手の甲にアプローチしました。
小指のラインに強い圧痛がありましたが、最後は強くひねったときに少し痛みが残る程度まで楽になりました。

「疲労による筋肉痛だから、冷やさないように生活してね」と伝えました。

ありがとうございました。
仙台市の一真堂整体院