ブログ

ブログ

オスグッド・捻挫は、1週間で運動復帰に導く

スポーツ障害

・「スポーツ障害」の原因
・自動運動とは?
・「オスグッド」の本当の原因
・「捻挫」の早期改善
・アイシングって本当に有効なの?

「スポーツ障害」の原因

本気で運動に取り組むスポーツ選手は、1度や2度は怪我を経験したことがあるでしょう。
そんなときまず最初に行くのが、病院や整骨院(接骨院)などの保険診療機関ではないでしょうか?

病院を診断し、湿布やテーピングなどで自然になおるのを待つ方もいるでしょう。
整骨院の電気治療やマッサージなど、低料金ということもあり何となく通い続ける方も多いでしょう。

しかし、本気で運動に取り組んでいる方ほど、
「一刻も早くなおしたい!」と考えているはずです。

一般的な病院や整骨院、整体院での治療よりも、ごく短期間で運動復帰できるとしたら、
その施術を受けてみたいと思いませんか?

「スポーツ障害」の多くは、筋肉の異常疲労、異常緊張が原因です。
ですからそれらを探し出し、解消することによってほとんどのケースで短期間での運動復帰に導くことができます。

しかしそれは簡単なことではなく、どこでもできることではないのです。

「スポーツ障害」の場合、
持続的な負荷(オーバーワーク)や瞬間的な外力によるものが主な原因で、
疲労や緊張の度合いが大きく深層筋にまで及んでいるため、
単なるマッサージなどでは解消できない
ケースが多いからです。

現実として「スポーツ障害」専門院と銘打っていながら痛みの本当の原因を理解しておらず、
電気治療やマッサージ、湿布やテーピング、アイシングでごまかしているだけの治療院が多いのは残念です。

あらゆるスポーツ

独自療法「しんしん動作法」は、
「押す」「揉む」「ボキボキ矯正する」といった従来の整体とは一線を画する手法により、
筋肉の異常疲労、異常緊張を深層部から解消に導く手法
です。

従来の整体との一番の違いは、自動運動を利用するということです。

自動運動とは?

従来の整体は手法にこそ違いはありますが、
施術者が受け手に対して一方的に刺激を与えたり動作をおこなうものがほとんどです。
他動運動といい、受け手はベッドに横になっているだけで動くことはありません。

自動運動とは、受け手自ら自分自身で動作をおこなう手法です。

自動運動のメリット
・自分自身で力の加減ができるため、体を壊す危険性が少ない
・自分自身の動作により、体の深層部まで刺激が行き渡る
・筋肉に力が入るので、筋肉そのものが活性化する
・緊張がある部位は動作が困難になるため、原因が特定しやすい

オスグッド病(成長痛)・捻挫・肉離れ・分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)・ジャンパー膝・外脛骨障害・踵骨骨端症・足首関節症・シンスプリント

あらゆる「スポーツ障害」の原因を正しく理解し、
的確なアプローチをおこなうことによって、
「スポーツ障害」を短期間での運動復帰に導きます。

オスグッドとは?

「オスグッド」の本当の原因

「オスグッド」だけは、特有の原因を理解していなければ、
短期間での運動復帰に導くことは難しいでしょう。

一般的に「オスグッド」と呼ばれる症状は、
小学生の高学年から中学生の成長期の運動に力を入れているお子さんに好発する膝の痛みです。

正式には「オスグッド・シュラッター病」といって、発見者の名前です。
日本では「成長痛」と呼ばれることもあります。

病院や整骨院では「成長期が終われば自然となおるから、今は我慢しなさい」
と運動を控えるように指導されることが多いようです。

実際にはアイシングや湿布でごまかし、
痛みを我慢しながら運動を続けるケースが多いようです。

一般的に「オスグッド」の原因として理解されているのは、
「大腿筋の緊張により、脛骨粗面の骨端線が引っ張られて隆起することによって起こる膝の痛み」ということです。

しかし骨には痛みを感じる神経がありませんから、
この説明では不十分で、改善するための手立てにはなりません。

医療機関やほとんどの治療院、スポーツ専門院でも理解されていない
「オスグッド」の本当の原因とは、骨ではなく筋肉にあります。

しかもそれは筋肉の異常疲労、異常緊張だけではなく、
「安静にしていてもズキズキと痛む」という痛み方に起因するもので、
それを理解することによって、
「オスグッド」を1週間で運動復帰に導くことが可能になるのです。

当院では今までに数多くのオスグッドの実績がありますが、
ほとんどのケースにおいて、1週間~10日、5回前後の施術により運動復帰に導くことができています。

足首捻挫

「捻挫」の早期改善

「スポーツ障害」で最も多いのが足首の「捻挫」です。
最も多い怪我に関わらず一般的には有効な手段がされず、
運動復帰までに長期間を要するケースが多いのは残念に思います。

足首を限界域を超えて捻ってしまったことによる、筋肉の異常緊張が原因です。

「捻挫」は「オスグッド」と違い、原因がはっきりと分かっているのに、
それを改善する手立てがなされていません。

一般的には、アイシングや湿布、テーピングなどをおこない、
安静にして自然治癒を待つという方法です。

これでは運動復帰までに1カ月以上かかることになってしまいますし、
固定されていたことによる筋肉の硬直でリハビリに時間がかかります。

「しんしん動作法」では、「捻挫」の原因である筋肉の緊張部位に積極的にアプローチしていきます。

重度の場合は靭帯に影響のあるケースもありますが、それはごくまれで、
当院の経験では、足を着けないほどのかなりひどい痛みでも
異常緊張の原因部位を特定し、緊張を根本から解消することで早期改善に導く
ことができるケースがほとんどです。

施術に多少の痛みは伴いますが、みなさん早期改善を目指すために受け入れてくださいます。

早い段階で足首に負荷をかけられるようになるのでリハビリが必要なく
痛みがなくなったと同時に運動復帰に導くことができます。

当院では、「捻挫」を1週間~10日、5回前後の施術で運動復帰に導くことを目指しています。

追記
「捻挫は癖になる」という話を良く聞きます。
それは一般的な治療において、完治しないままに運動復帰をしてしまうからです。
痛みがなくなっても筋肉の深層部に緊張が残っていれば、少しの負荷によって緊張が拡大し痛みが再発します。
癖になるのではなく、完治していないということなのです。
(そのような緊張は適切な対処をしなければ、10年も20年も残るケースもあります)

筋肉の深層部の緊張までしっかりと取り切っていれば、
「捻挫が癖になる」ということは起こらないのです。

アイシングって有効なの?

アイシングって本当に有効なの?

50歳までプロ野球で現役を続けた山本昌投手、
現在43歳(2016現在)で現役の第一線で活躍し続けるイチロー選手。
はたして彼らはアイシングをするのでしょうか?

投手は力強く、何回も繰り返し繰り返し、筋肉に力を入れます。
この投球動作によって、肘は熱を帯びて、時には痛みを感じることもあるでしょう。
この時に、肘では何が起きているのでしょうか?

投球動作によって、肘関節の軟部組織や毛細血管に小さな傷が入ります。
(骨に対して、筋肉や靱帯などを軟部組織といいます)
体は、その傷を修復するために血液循環を増やします

これが炎症です。

熱を帯び、腫れて赤くなり、痛みを感じますが、この現象は体にとって悪いものではなく、
傷を修復するための治癒反応なのです。

人間なら誰にでも備わっている「自然治癒力」です。

しかし一般的には、腫れや痛みは良くないものとされますから、それを抑えようとします。
それがアイシングです。

冷やせば一時的に腫れが引き、痛みが軽減します。
しかしそれは表面上だけのものであり、実際には筋肉が硬くなり、血流が悪くなります

体が「自然治癒力」により、炎症を起こして傷を修復しようとしているのに、
その逆の行為「アイシング」によって修復を妨げているのです。

冷やす文化はアメリカから導入されたようです。
冷やすということは、
「とにかく、その場の症状を抑える」対症療法
の考え方が濃厚に感じられます。

最近のスポーツ選手はケガが多いと感じませんか?
もちろん、アイシング以外にもさまざまな原因があるでしょう。
しかし早期の治癒、ケガをしにくい体を目指すのであれば、
以前の日本のように「冷やさない」ことが最善ではないでしょうか。

イチローはアイシングをしない

さて、冒頭の答えです。
イチロー選手はどうしているのでしょうか?

オープン戦で、ワンバウンドのボールがイチロー選手の右すねに当たった時の記事です。
『患部は少し腫れていたが、当たった部位のケアの話になると、
「これくらいは放っておけば大丈夫です」と特に問題視していなかった。

「腫れる=冷やす」という行為をしがちだが、
イチロー選手はこのようなケースでは「冷やすことは絶対にしません」と語った。
経験上、どのような治療法がベストなのかを理解している』

イチロー選手は、とても体の手入れを大切にする選手として知られています。
そのイチロー選手が、一般常識の「腫れる=冷やす」をしない

そして、
山本昌投手も、現役時代アイシングをしませんでした
「昔からやっていなかったので、なんとなく」とおっしゃっているようですが、
彼ほど体に気を遣っていた人はいないでしょう。
だからこそ、50歳まで投げられたのですが。
本当のところは「なんとなく」ではなく、理論と信念を持って「しなかった」のだと推測されます。

彼らが、そのような選択をしている事実を、みなさんはどのように感じますか?

逆に、アイシング大好きで知られる日本ハムの大谷翔平選手。
前人未到の400勝投手、金田正一氏との対談で
「わしの現役時代は絶対に肩を冷やすことはしなかった。どうして冷やすの?」
という問いに「子供のころからやっていたので。習慣ですね。次の日が楽なんです」と答えています。

冷やさない方がもっと楽なのを知らないのですね。
足首を痛めたときも、冷やし続けていたようです。
実際に復帰までにかなりの期間を要しています。
また、冷やす習慣があるので、ケガををしやすい体になっていると感じます。
大谷選手が本当のことを理解するのはいつになるのでしょうか。

筋肉を低温で冷やし続けると、毛細血管や細胞が壊れます。(例 凍傷)
冷やすと筋肉は硬く縮まりまって血液循環が悪くなり、回復が遅れます。
そして硬い筋肉になり、ケガをしやすくなります

もちろんアイシングは一般的には認知されており、肯定派には肯定派の考え方があるでしょう。
しかし私の知る限り、
アイシングを推奨している治療院ほど、電気治療やマッサージなどの一般的な治療しかできていないと感じます。

事実として、当院ではこれまでに多くのスポーツ選手を見てきた経験から、
アイシングをしない方が回復が早く、ケガもしにくいという結果が出ています。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > blog > オスグッド・捻挫は、1週間で運動復帰に導く