ブログ・体験談

ブログ

五十肩の真実

五十肩の根本解消

五十肩とは?

肩周辺の筋肉がガッチリと固まって痛みを出し、
可動制限が起こるのが五十肩です。

筋肉がガッチリと固まっているわけですから、
押しても揉んでも、骨の調整をしても、
ましてや優しくなでたり、ゆらしたり、
鍼灸をほどこしたり・・・

そのような従来の手法ではほとんど歯が立ちません。

もちろん、痛み止めの服用や注射などもその場しのぎなのは言うまでもありません。

ですが当院は、
五十肩に短期間で顕著な効果を導き出せる数少ない整体院と明言できるほどの自負があります。

痛む部位は様々ですが、
寝ているときに疼痛で目を覚ましたり、
痛みで腕が上がらなくなったり、後ろに回せなくなったり可動制限が出ます。

肩こりと決定的に違うのは、動作時に瞬間的に強烈な痛みが出ることです。

自然に回復する人がほとんどですが、早くて半年、2年くらいかかる人もいます。

多くの場合は放っておくケースが多いようですが、
それは、病院で注射をしても痛み止めを服用しても良くならず、
整体を受けても改善しないからです。

はじめから放っておくのではなく、
いろいろ試しても効果が無いので仕方なく放っておくというのが現実のようです。

つまり、それほど有効な手立てが存在しないのが五十肩という症状です。

医療機関においては原因がはっきりとはわかっていないようですが、
原因が分からないということは、なおし方も分からないということですから、
出ている痛みを一時的にごまかす、対症療法に終始するのは当然です。

五十肩に影響する筋肉

当院が考える、五十肩の原因
・手指の使い過ぎで前腕・上腕筋が緊張し、肩関節を引っ張る
・肩関節は靭帯の結合が緩くできているため、腕を支える筋肉に負担がかかる
・横向きに寝ると、下側の肩が圧迫されて血流が悪化する

それらの負担が積み重なり、
肩関節周辺の筋肉が異常緊張を起こして発症。

腕を上げる動作で障害になる筋肉(伸びない筋肉)は、主に胸部と腋窩部の筋肉です。
後ろに回すときに障害になる筋肉は胸部です。

また、三角筋は肩のほぼすべての動きに使われるため、疲労が蓄積しやすい筋肉です。

物を持ち上げるときに使うのが上腕二頭筋(力こぶを作る筋肉)です。

このように五十肩で痛みが出る部位と、原因になっている部位には違いがあります。

五十肩の場合、筋肉が異常緊張(ガッチリと固まっている)を起こしているため、
ありきたりな施術では効果が期待できません。

整体でも難しい症状の一つに挙げられるでしょう。

以前取り入れていた「無痛整体」でも、
「五十肩に特効薬はありません」と教わりました。

つまり、
痛みを気にして痛みが出ないような当たり障りのない施術を行っても、
結局のところ大した効果が出ないということです。

『しんしん動作法』

当院では独自の視点と技術により、経験と試行錯誤を重ねた結果、
五十肩に短期間で大きな効果を引き出すためには、
ある程度の刺激と痛みを伴う施術が必要という答えにたどり着きました。

昔からある「荒療治」ではありませんが、
きちんと原因を理解したうえで行うことで、痛みを伴う施術でも大きな効果を導き出すことができます。

もちろん、原因も分からずやみくもに刺激を与えるだけでは悪化するのは明白です。

当院独自の『しんしん動作法』は、
それらをきちんと理解したうえで、自動運動という最も効果的なアプローチで行います。

最近の実践において、
「上腕二頭筋」(力こぶを作る筋肉)が大きく影響しているケースが多いことを発見しています。

多くの治療院では力こぶの部位にアプローチすることはほとんどありませんが、
この筋肉が五十肩に大きく影響していることが分かってきました。

五十肩では
「痛くないけどなおるのに時間がかかるやり方、
痛いけど早く良くなるやり方、どちらにしますか?」

と尋ねるようにしていますが、
ほとんどの方は後者を選ばれます。

施術時の一時の痛みよりも、
一刻も早くつらい痛みから解放されたい方が多いのです。

五十肩は、
施術時の一時の痛みさえ我慢していただければ、
短期間での痛みからの解放をお約束いたします。

もちろん、可動制限も短期間で解消していきます。

肩こりの根本解消

SHARE

ブログ一覧

ホーム > blog > 五十肩の真実