ブログ・体験談

ブログ

腱鞘炎・手のしびれ(手根管症候群)の本当の原因 仙台市の整体院

あなたは、くり返す腱鞘炎を本気でなおしたいですか?
本気でなおしたいと考えたとき、あなた自身にも腱鞘炎の知識が必要になります。

腱鞘炎の真の原因は手首や指にはありません。
ですから痛み止めや湿布、サポーターはその場しのぎになります。

効果の保証されない手術は、もってのほかです。

腱鞘炎の真の原因は、腕から体幹にかけてのインナーマッスルにあります。
独自のインナーマッスルへのアプローチによって、根本から腱鞘炎をなおすことができます。

へバーデン結節

マッサージでもない、指圧でもない、骨格矯正でもない、

インナーマッスルへ的確にアプローチする

当院独自の『しんしん動作法』は、

あなたの固定観念を覆すでしょう。

「腱鞘炎・バネ指・へバーデン結節、手のしびれ」

一般的な治療
手指や手首の痛みやしびれで病院を受診すると、
たいていは手指の使い過ぎによる腱鞘炎、バネ指と診断されます。
しびれにおいては、手根管症候群などと診断されます。

一般的な病院での治療は、
・痛み止め
・湿布
・サポーターやギプス
重度の場合、手術をすすめられることもあります。

果たしてそれらの治療で本当に良くなるでしょうか?
本当に手術が必要なのでしょうか?

病院では腱鞘炎・バネ指、手根管症候群の痛みやしびれが出ている手指や手首にしか着目しません。
つまり、痛みやしびれが出ている部位の痛みやしびれが軽減するように、その場しのぎの対症療法をほどこすのです。

痛みやしびれの本当の原因を探り、原因そのものを解消しようとはしません。

腱鞘炎

痛みの原因は手指の使い過ぎということ自体は間違ってはいないのですが、
正確に言うと、手指の使い過ぎによる腕や肩周辺の疲労ということになります。

体の動作は筋肉によって行っています。
筋肉が存在しない手指の動作は、指の腱につながっている前腕の筋肉によって行われています。

ですから手指の使い過ぎは直接的には前腕筋の疲労になります。
疲労したまま使い続けることで、上腕筋や肩周辺まで疲労が広がります。
そして、腱が通っている腱鞘(さや)との間に摩擦が起きて炎症を起こすのです。

正確には、炎症を起こしているケースは少ないと感じます。
施術を受けて瞬時に痛みが解消するケースがほとんんどなので、そもそも痛みの原因が炎症ではないことが考えられます。

最近の実践において、
手指の症状には「上腕二頭筋」(力こぶを作る筋肉)が大きく影響しているケースが多いことを発見しています。

多くの治療院では力こぶの部位にアプローチすることは少ないと認識していますが、
この筋肉が握力に大きく影響していることが分かってきました。

腱鞘炎はもちろん、五十肩にも大きな効果をもたらします。

上腕二頭筋

へバーデン結節においての当院の考え方は、次の通りです。

「前腕の疲労・緊張により、常に腱が引っ張られている状態になっているため、徐々に骨の変形が起こり固まってしまう」

ですから前腕の緊張を解消し、腱へのテンションをなくすことで骨の変形を防ぐことができます。

残念ながら骨が変形し、固まってしまった状態を直すことは難しいですが、
痛みの解消、変形の進行は食い止めることができます。

安易に手術を行っても、その場しのぎになる可能性が高いですし、
変化がなかったり、悪化するケースもあるので注意が必要です。

とにかく、
手指の症状は、筋肉の緊張が原因で、それを理解し適切なアプローチによって必ず短期間で回復に導くことができます。

多くの人が、
その場しのぎと分かっていても、痛み止めや湿布、サポーターに頼っている現状は、
整体を受けてもどうせなおらないと感じているからに他なりません。

従来のマッサージや骨格矯正といった手法では、
こり固まった腕の筋肉を有効にストレッチできません。
マッサージでは筋肉を伸ばし切ることが困難ですし、
骨格矯正も関節の可動域が限界です。

当院独自の『しんしん動作法』は、
腕や肩周辺への最大限のストレッチが可能で、
痛みの解消や握力の回復など、瞬時に大きな変化に導くことができます。

大げさではなく、一度の施術で指や手首の痛みをその場でほぼ解消まで導くことができます。
もちろんその後戻りますが、繰り返し受けることによって戻りにくくなります。

症例
手根管症候群の手術を受けて悪化し、指が握れなくなった症状が、
一度で9割ほど握れるようになり、
次回戻りましたが、続けるうちに戻りが少なくなり、
2か月後には最後まで握れるようになって戻らなくなりました。

パソコン作業

・仕事でパソコンを使う
・スマホは生活と切り離せない
・趣味や仕事で細かい作業が多い

多くの方は、お医者さんに「使いすぎるな」と言われても、
仕事を辞めるわけにはいかない!
生活上、娯楽としてそれらをやめることは難しい!

今までと同じ状況の中で、痛みをなくしたい!
と考えているはずです。

肩こり、腰痛と同じで、負担がかかればコリや痛みが再発するのは当たり前、
負担がかかっても再発しない体づくりと対処法を身に着けることが大切なのです。

手術をすすめられるほど悪化した症状において、
知識のない治療院では、「お医者さんの指示に従ってください」という他ないのです。

くり返し言います、
「腱鞘炎、バネ指、へバーデン結節、手のしびれ」において
痛み止めや湿布、サポーター、ギプスはその場しのぎ、
手術は必要ありません。

筋肉への適切なアプローチによって、必ず回復に導くことができます。

▶手根管症候群(腱鞘炎)整体日記

▶「体を温める」とすべての痛みが消える

▶布団と枕のはなし<肩こり・腰痛との関係>

▶要は『腸腰筋』

▶「腸腰筋へのアプローチ」が、あなたの体を変える

▶根本から体をなおしたい方へ

仙台市のいっしんどう整体院

SHARE

ブログ一覧

ホーム > blog > 腱鞘炎・手のしびれ(手根管症候群)の本当の原因 仙台市の整体院