ブログ・体験談

ブログ

サッカー少年の腰痛を取り切る!

オスグッド

仙台市泉区からお越しのサッカー少年・高校3年生のフウトくん
約1年ぶりの来院です。

この少年は痛みが出たとき、
病院に行っても整骨院に行ってもなおらない、
当院に来ればすぐになおることをハッキリと認識していますので、
いつも直接来てくれます。

5日前のサッカーの試合中に相手選手にファールを受けた際、
転びそうになったのを踏ん張ったときに腰に痛みが走りました。
そのまま試合を続行したものの痛みがひどく、後半はリタイアしました。

その後は立ち座りでも痛みがありましたが、徐々に回復しました。
以前から伝えていましたので、アイシングは一切行わなかっということでした。

直後に連絡がありましたがお店が連休中でしたので、後日ということに。
走るときに痛みが残るため、5日後に予約がありました。

施術前の確認では、
・立位前屈したとき、最後で痛み
・腰を後ろに反らして戻るときに痛み
・腰を右に捻ったときに痛み

という状態でした。

施術時に圧痛を感じたのは
・腸脛靭帯
・脊柱起立筋
・腸腰筋
・股関節前部

でした。

一通り施術が終わって確認してもらうと、
・立位前屈時の痛みは解消
・後ろに反らした痛みは残る
・右に捻った痛みも残る

という状態でした。

各部を再度追い込み、腸骨上端部にも圧痛があったのでアプローチしましたが、痛みは変わりませんでした。

さらに探っていくと臀部にも圧痛があったのでアプローチすると、
・反らした痛みは解消しました。

最後に右に捻ったときの痛みが残りましたが、
ここで「今日はこの辺で、様子を見て・・・」と切り上げるのと、
「全部スッキリと解消」するのとでは大違いです。

私のプライドも許しません(笑)

ここまで追い込んでも痛みが残るのは上半身の問題だろうと、
座位になってもらい「肩甲骨」と「鎖骨下部」にアプローチすると、
予想通りの圧痛がありました。

もう一度確認を行ってもらうと、
「大丈夫です。痛くありません」と笑顔になりました。

このように「腰痛」に関しては、独自のノウハウと多くの実績があります。
どのような腰痛でもご相談ください。

※2週間前に右の股関節も痛めていましたが、
アプローチ後は仰臥位で思い切り屈曲しても痛みがなくなりました。

仙台市のいっしんどう整体院

SHARE

ブログ一覧

ホーム > blog > サッカー少年の腰痛を取り切る!