ブログ・体験談

ブログ

坐骨神経痛 仙台市の整体院

あなたは、くり返す坐骨神経痛を本気でなおしたいですか?
本気でなおしたいと考えたとき、あなた自身にも坐骨神経痛の知識が必要になります。

一般的に坐骨神経痛は、坐骨神経の圧迫によるものとされています。
それは大きな間違いで、故意に坐骨神経を圧迫してもそのような痛みは起きません。

真の原因は、下半身のインナーマッスルの緊張にあります。
独自のインナーマッスルへのアプローチは、
坐骨神経痛を短期間で根本からなおすことができます。

坐骨神経痛

マッサージでもない、指圧でもない、骨格矯正でもない、

インナーマッスルへ的確にアプローチする

当院独自の『しんしん動作法』は、

あなたの固定観念を覆すでしょう。

体幹(腸腰筋)の重要性
当院では多くの経験と試行錯誤を重ねた結果、体幹(インナーマッスル・腸腰筋)へのアプローチが非常に重要であることが分かってきました。
独自の体幹へのアプローチは、血流を根本から改善し、腸の働きを活性化することによって、すべての症状に大きな変化をもたらします。

坐骨神経痛 技術に自負あり

一般的な医学知識
仙骨から下肢に伸びる、坐骨神経根が圧迫されて起こるものとされています。多くの場合、臀部の梨状筋で圧迫されるとされています。坐骨神経痛は肩こりと同じ症状名であり、病名ではありません。坐骨神経は人体で最も長い神経なので、症状は臀部から下肢、足先にまで及びます。締め付けられるような痛みや重苦しく我慢できないほどの痛みや痺れが現れます。一般的な治療法としては、鎮痛剤や痛み止めの注射がありますが、一時的な効果はあるものの、根本解消には至らないケースが多いようです。

当院の考え
臀部から下肢にかけての痛みを総称して坐骨神経痛と呼んでいますが、痛みの原因は坐骨神経の圧迫によるものと考えるのは早計です。まずは体幹(腸腰筋)へのアプローチが重要でしょう。体幹の緊張は下肢全体にも大きな影響を及ぼします。臀部においては坐骨神経が通る梨状筋が特に重要なわけではなく、大臀筋、中臀筋も含め、全体的なアプローチが重要です。ハムストリングの強い緊張も特徴です。坐骨神経痛という名前に惑わされず、体幹をはじめ臀部やハムストリングの緊張解消が早期回復につながります。

臀部にある梨状筋が坐骨神経を圧迫しているという理由で梨状筋を切除する手術を受けたにもかかわらず、痛みが改善せずに当院を訪れた方もいます。手術が誤診によるもので無意味だったという典型的な例ですが、多くの坐骨神経痛に当てはまる事例だと考えています。

坐骨神経の圧迫が原因ではない
多くは臀部の梨状筋の部位で圧迫が起こるとされていますので、人為的に坐骨神経を圧迫すれば坐骨神経痛と同じ痛みを再現できるはずです。
ですが・・・
実際に健常者の坐骨神経を強く圧迫しても、圧迫部位には多少の圧迫痛が起こりますが、下肢の痺れや痛みは一切起こりません。

ですから、坐骨神経痛は坐骨神経の圧迫によるものではないと考えています。

長期間お悩みの方も短期間で回復する可能性がありますので、どんなことでもご相談下さい。

坐骨神経痛

▶1カ月前から痛みだし、昨日歩けなくなった腰痛が・・・

▶ベッドから起き上がれないほどの腰痛が・・・

▶今まで改善しなかった慢性腰痛、背中の痛みが・・・

▶「体を温める」とすべての痛みが消える

▶布団と枕のはなし<肩こり・腰痛との関係>

▶要は『腸腰筋』

▶「腸腰筋へのアプローチ」が、あなたの体を変える

▶根本から体をなおしたい方へ

仙台市のいっしんどう整体院

SHARE

ブログ一覧

ホーム > blog > 坐骨神経痛 仙台市の整体院