症例

  • まったく異なるアプローチ

    当院の施術は「押す・揉む・ボキボキ矯正する」といった従来の整体とはまったく異なるアプローチをおこないます。

    独自の視点により試行錯誤を重ねて会得した独自療法は、従来の整体とは一線を画するものと自負しています。

    ◆首、肩や手指の症状においては、上半身はもちろん体幹も含めた根本的な視点でアプローチするため、マッサージや指圧、骨格矯正とは持続性が違います。

    ▶「腸腰筋へのアプローチ」が、あなたの体を変える

  • 『しんしん動作法』

    筋肉を刺激しながら自分自身で動作をおこなうことで、筋肉の深層部へアプローチする『しんしん動作法』。

    マッサージでは届かない深層筋(インナーマッスル)への波及効果、とりわけ独自の体幹へのアプローチは、今までとは違う体の変化を実感していただけるでしょう。

    ◆腰痛や股関節、膝などの関節痛の多くは、骨や軟骨が直接の原因ではありません。根本の原因を見きわめることによって、手術の回避を目指します。

    ▶根本から体をなおしたい方へ

  • スポーツ障害を短期運動復帰に導く

    当院では一般的な治療法である、アイシング、テーピング、サポーター、湿布、電気による治療はおすすめしていません。

    なぜならば、それらの治療は症状を一時的にごまかしているだけで、根本からなおすことにつながらないからです。

    ◆スポーツ障害の根本の原因を正しく理解し、適切なアプローチをおこなうことで短期間での運動復帰に導きます。

    ▶整体日記「スポーツ障害」

    ▶オスグッド・捻挫は、1週間で運動復帰に導く

  • クスリに頼らない体をつくる

    なるべくクスリに頼らずに体をなおしたいと考えている方は多いと思います。

    体幹へのアプローチは、血流の根本改善、腸の活性化を促進し、免疫力・自然治癒力を高めます。

    ◆リウマチ、アレルギー性紫斑病、花粉症、アトピー性皮膚炎、痛風など、クスリに頼らずに根本から回復できる体をつくります。

    ▶アレルギー性紫斑病の実績

    症例実績
    偏頭痛・五十肩・ムチウチ・頸椎症・めまい・耳鳴り・メニエール病・顎関節症・腱鞘炎・へバーデン結節・手のしびれ

    ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・変形性股関節症・臼蓋形成不全・大腿骨頭壊死症・変形性膝関節症・半月板損傷

    オスグッド病(成長痛)・捻挫・肉離れ・分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)・ジャンパー膝・外脛骨障害・踵骨骨端症・足首関節症・シンスプリント

    アレルギー性紫斑病・痛風・花粉症・アトピー性皮膚炎・静脈瘤・睡眠障害・うつ症状・不整脈・むくみ・不妊症・ヘルペス・帯状疱疹後神経痛・リウマチ・便秘など

    ▶症例解説

PROFILE

整体師

黒川 まこと

Kurokawa Makoto

1964年 東京生まれ、千葉育ち
趣味:野球観戦、温泉旅行
結婚を機に仙台に移住。看護師の妻と一男一女、わんこ一匹

ホーム > case